先日犬の美容院に行ったときに、チェック項目で
「耳の汚れ、歯の汚れ、肛門の汚れ」という項目が
ありました。

そして、「肛門の汚れ」にチェックがついていました。

耳の汚れや歯の汚れは分かりますが、「肛門の汚れ??」

お散歩の後は毎回肛門も拭いているのに、
どうして「肛門の汚れ」にチェックがついていたのか
不思議でした。

最近獣医さんのところに行く機会があったので
聞いてみると、「肛門腺絞り」のことを教えてくれました。

犬は肛門のところに2つ臭い袋をもっていて、
ここに液がたまると化膿したり病気になる場合も
あるとのこと。

早速やり方を教えてもらいました。

左手で尻尾を上げて、OKサインの親指と人差し指を
離して、肛門の斜め下辺りを触ると、
ぐりっとしたものがあるので、これを絞りあげると
言うことでした。

獣医さんに言われてやってみると大して難しくはありません。

ただ、くっさーい!!

分かりやすい動画を見つけましたので貼っておきます。

手や服につかないように注意してやってみてくださいね。