殺処分撲滅」カテゴリーアーカイブ

リンちゃん家にチコちゃんがやって来た

もらってきた野良猫だったチコちゃん
は、とても元気な女の子です。

とても人懐っこくて、犬なつっこいんです。<笑>

これまでいつも一匹でお留守番していた
リンちゃんともすぐお友達になりました。

1545881841030

一緒に寝たり、追いかけっこしたり、
仲良しのお友達ができてよかったね!

一つのお皿から一緒におやつの甘酒ヨーグルトを
食べるまでになりました。

でも、チコちゃんが壁紙をひっかくので、
ボロボロになりそうです。

そこで、カーマで購入した壁紙(1ロール160円x8個)で
チコちゃんのとどきそうなところをカバーしました。

1547016050048

つるつるしているので、ガリガリできなくなると
いいね。

わんにゃんドームに行ってきました。

2018年2月11日(土)にまたナゴヤドームのわんにゃんドームに行って
きました。人とワンちゃんやネコちゃんでごった返していました。

入場は大人1人1700円です。(ちょっと高い)
今年は、我が家のアインちゃんとハルちゃんを始めて連れて行きました。

イオンの名古屋ドーム店に駐車して、(他のコンサートなどのイベント時と
違って余分に支払わなければならないということはありません)

*ちなみにコンサート時などはコンサートの時間中に駐車をしていると6,000円ぐらい
取られます。

イオンの名古屋ドーム店は1階にペットショップがあって、
トリマーと病院が隣接しているため、その周りであれば、犬・猫などを
連れていても文句を言われません。

どっちみちドッグフードを購入するつもりだったので、カートに載せて
そのままドームにつながる歩道橋を渡って会場まで連れて行きました。

この2匹はよその犬に対してものすごくほえるので心配していましたが、
あまりにたくさんの犬がいるせいか、ほとんどほえることはありませんでした。

ただ、アインちゃんはカートから出たがったので、オムツをしようか
どうかまよったのですが、何度か足を上げようとしたので、
マーキングする前に引っ張って「そこだめ!」というと素直にやめたので、
オムツの必要がなかったことは良かったな~と。

毎回殺処分ゼロのNPOの方々がワンちゃんをいっぱい連れて
やってきます。

家ももう少しスペースがあれば連れて帰りたいと思うんですが、
あんぽんたんのアインちゃんの世話で手一杯です。

現在ワンちゃんの購入をお考えであれば値段の高いお上品な
ワンちゃんを購入する前に殺処分から救ってあげてください。

今はアインちゃんやハルちゃんがいなくなることは考えられませんが、
もしそうなったら、私もかならず救ってあげるからね!

RenderedContent-84A23ACF-5BF5-426A-A947-0EDD9025EA67RenderedContent-0EC149C5-C6D3-4CC8-BA0A-12E3E94ED1EC

それはさておき、
10分500円で簡単な歯垢取りをしてくれるブースがあったので、
アインちゃんもハルちゃんもやってもらいました。

前に並んでいたワンちゃんは相当クリーニングが必要だったようです。

P1020964

毎日歯磨きをかかしたことがなかったのですが、奥歯に少しだけ黒いところがあり、
ゼリーを塗ってカリカリってすると取れてきました。

あと、2匹とも奥歯を触っていたとき血が出てきて、歯槽膿漏といわれました。
え~?それはないわ!

P1020965

本当に毎日はみがきしてるのに~。

と話していると、奥歯の歯肉が少し盛り上がって赤くなっているのが
サインなのだそうです。

とりあえず、最後の1本を購入して、「これからはもっと奥歯に気をつけて
歯磨きしてあげなくっちゃ」と反省しました。

ただ、担当のお兄さんがおっしゃるには、歯槽膿漏のワンちゃんはとても
多いんだそうです。

また、ごはんの後にかならず、歯磨きガムを食べさせていると言ったら、
それはいいことなので硬めのをあげ続けてくださいとのことでした。

今回はたくさんのワンちゃん用のおやつを出展しているところがあったので
すこしづつサンプルをもらって食べさせようとしましたが、2匹とも
ビビッて、殆ど何も口にしませんでした。

まあ、すごい人でしたし、大きいのから小さいのまでたくさんのワンちゃんも
いましたので、とても緊張したんでしょうね。

次回も連れて行くべきかどうか、考えてしまいます。

あと、犬の気持ち・猫の気持ちのベネッセコーポレーションのブースに行って、
会員ですというと。無料のお土産をくれます。

毎年しょぼくなってきている気がしますけど。。。

結局里親探しのブースには行けませんでしたが(蛍の光がなり始めてしまって)
追い出されました。

結局3時間もうろついてしまいました。

名古屋動物愛護センター28年度犬殺処分ゼロ

平成28年度名古屋市犬殺処分0達成しました。0になったのは、名古屋市が殺処分0サポート寄付金制度を取り入れた事が大きいそうです。

早くネコちゃんも殺処分ゼロになるように
自分なりに出来ることをしたいと思います。

数ヶ月前に「ファミーユ」という犬猫シェルターの
ボタンティアに登録しましたが、まだ一度しか
行けていません。

通常の仕事があるので平日は無理だし、土日は病院通いや
家の事に追われて3時間の束縛が難しい状態
なんです。←言い訳がましい

そこで何か出来ないかと思い、時間を見つけては
せっせとバザー用の匂い袋やチャームを作って
います。
RenderedContent-3DE0C9ED-8315-4145-9DBE-F02A0A7C0105

殺処分をなくしたい

3月6日放送の「ペットの王国ワンだランド」で「犬猫みなしご救援隊」で
犬300頭と猫1000匹と生活する中谷百里さんの生活を見ました。

「4000匹くらい助けてきたと思う」と中谷百里さんは言っていました。
彼女のおかげで広島では殺処分は行われていないそうです。
3月6日放送の「ペットの王国ワンだランド」で「犬猫みなしご救援隊」で
犬300頭と猫1000匹と生活する中谷百里さんの生活を見ました。

wandaland
出典:ペットの王国ワンだランド

我が家も4年前犬を飼うと決めた時、保健所に電話をして
みましたが、どのように犬を見せていただけるのか
電話では要領を得なかったので、ペットショップで
行き掛り上一番売れ残っていたプードルを買うことになりました。

犬を飼うのは20年ぶりで、何から何まで新しいことばかり
でした。

ふとお店の方にここで売れなかった犬はどうなるの?
と聞いてみました。
すると、「ブリーダーに返しますが、多分保健所から
愛護センターへ行って、そこでも貰い手がなければ
殺処分ですかね。」とかる~く言われました。

その時は、だれも飼う人がいないのなら仕方がないのかな
ぐらいに考えていましたが、最近知った殺処分の仕方は
日本の行政がそんなことをしているのかと目を疑うものでした。

斜めの長い通路があり、そこに殺処分される犬が置かれます。
道がだんだんふさがれ、処分部屋に落ちていきます。
その部屋に全部の犬が死ぬまで二酸化炭素が注入されつづけます。

私は以前、日本の殺処分は無痛処分だと聞いていました。
無痛の殺処分とは、痛みで苦しむ犬などに麻酔を打ち、
眠っているうちに筋肉弛緩剤を打って苦しまずに死んでいく
ことです。

私は依然細々とジャーマンシェパードのブリーダーをしていた
時、母親犬のお乳に雑菌が入り、それを飲んだ子犬の関節が
腫れ、そこを吸い続けたので足が取れてしまい、心臓にも欠陥が
できてしまったので獣医さんに諭されて泣く泣く殺処分に
してもらったことがありました。

一つの命を取り上げるのですから、その子犬が亡くなるまで
ずっと抱いていました。

子犬は本当に苦しまずに、眠るように死んでいきました。

このつらい経験からブリーダーをやめ、トレーニングの
サポートをするようになりました。

もうすぐ定年退職を迎えるので、その後の人生を考えた時
何かの為になりたいと考え、犬や猫の命を助けたいと考えるように
なりました。

そこで、今度広島へ行く予定があるので、そのついでに中谷さんの
ところを訪ねようと電話をかけたのですが、簡単に断られました。

そとから見るだけでもだめなんだそうです。(がっかり)

これからは我が故郷愛知県で少しずつ足がかりを作って
いきたいと思っています。最終的にはNPOも作りたいと思います。
まだ何もできていませんが(これまでは捨てていた古タオルや毛布や
シャツを取っておいて押し入れにしまっています)3年後には犬や猫を
助けるボランティアをやっていたいと思っています。

それまでにどんなことをしたかを書き留めておきたいと
思います。

不定期で書いていきますのでよろしくお願いします。
我が家も4年前犬を飼うと決めた時、保健所に電話をして
みましたが、どのように犬を見せていただけるのか
電話では要領を得なかったので、ペットショップで
一番売れ残っていたプードルを買ってきました。

また、その後パテラのあるマルプーの仔犬を買いました。

犬を飼うのは20年ぶりで、何から何まで新しいことばかり
でした。

ふとお店の方にここで売れなかった犬はどうなるの?
と聞いてみました。
すると、「ブリーダーに返しますが、年をとりすぎると
多分保健所から愛護センターへ行くでしょう。
←それって殺処分のことでしょ?

その時は、だれも飼う人がいないのなら仕方がないのかな
ぐらいに考えていましたが、最近知った殺処分の仕方は
日本の行政がそんなことをしているのかと目を疑うものでした。

私は依然細々とジャーマンシェパードのブリーダーをしていた
時、母親犬のお乳に雑菌が入り、それを飲んだ子犬の関節が
腫れ、そこを吸い続けたので足が取れてしまい、心臓にも欠陥が
できてしまったので獣医さんに諭されて泣く泣く殺処分に
してもらったことがありました。

一つの命を取り上げるのですから、その子犬が亡くなるまで
ずっと抱いていました。

子犬は本当に苦しまずに、眠るように死んでいきました。

このつらい経験からブリーダーをやめ、トレーニングの
サポートをするようになりました。(今はやっていません)

もうすぐ定年退職を迎えるので、その後の人生を考えた時
何かの為になりたいと考え、犬や猫の命を助けたいと考えるように
なりました。

 

新しく犬を飼う時にはその犬の陰で売れ残った犬が殺されて
いることも考えるようにします。