猫ひっかき病は、ノミを介して猫から猫へと感染が広がり、
日本では飼い猫の約7%がこのバルトネラ菌を保有していると
言われています。

猫にひっかかれたり、かまれたりすると、
傷口からバルトネラ菌が入って、抵抗力のある人には
症状が出ない場合もありますが、1~3週間後に
リンパ節が腫れて痛みを伴うということです。

リンパ節は、腕の内側やわきの下、首の回り、足の付け根などにあり、
ひどいとグレープフルーツぐらいの大きさになることもある
そうです。

また、軽い発熱、倦怠(けんたい)感や痛みを伴うこともあり、
まれに重症化して意識障害をおこす脳症、強い頭痛の原因となる髄膜炎、
肝臓にうみがたまる肝膿瘍(かんのうよう)などを引き起こすことも
あるそうです。

他の人に感染することはないとのことです。

猫ひっかき病を持っている猫に引っ掛かれば場合には
応急処置として、すぐに洗って消毒をする必要があります。

私も、ちび子に引っ掛かれた時には、すぐに洗って、消毒し、
抗生物質を飲んでおきました。

結局なにも起こりませんでしたが・・・