月別アーカイブ: 2020年5月

ワンちゃんの 脂肪腫

ワンちゃんの脂肪腫は、皮下の脂肪が異常に
増殖して大きめの白ニキビのようになったもので
良性の腫瘍です。

脂肪腫は、年齢と共に犬では多く見られる腫瘍です。

ワンちゃんの場合、皮下組織に脂肪の塊が
できて、柔らかい丸い腫瘤になります。

脂肪腫

ゆっくりと数年かけて大きくなることもあります。

また、内臓に脂肪腫ができる場合もまれにあります。

あまり大きくなった場合は(1cm以上)
脂肪肉腫というガンの一種のこともありますので
色が黒、紫、赤黒かったり、クリクリ動かない場合は
一度獣医さんに相談しましょう。

発症の原因ははっきりわかっていませんが、
高齢のワンちゃんに多く発症する傾向が
あるようです。

人間と違って、ワンちゃんの皮膚は毛に
覆われており、産毛も沢山生えており、
小さい毛穴が沢山有ります。

また、人のように毎日洗うこともないので
毎日身体中を撫でることで、小さいうちに
見つかる可能性も高くなり、清潔に保って
ブラッシングをすることで、大きくなることを
防ぐことができます。

獣医さんによると、小さくて、白やピンクの
ものはほとんどの場合、勝手に治ることが
多いので、そのままにしておいても問題は無い
とのことですが、

大きくなるようなら、獣医さんに診てみらう
ことをオススメします。

フィラリアチェックに行って来ました

今日は毎年一度の健康診断と7種混合注射を打ちに行って来ました。

何も知らない2匹はお散歩モードで嬉しそう。
アインちゃんは「早く行こ」状態でした。


ワンちゃんお散歩

ハルちゃんは抱っこ袋の中でおとなしくしていましたが、アインちゃんはいつものようにパニック状態でした。


DSC_0011-1036x1841

血液チェックだけでなく、レントゲンもしていただきました。

 

アインちゃんが少し脂質が多め意外はいたって健康ということでした。

 

ただ、ハルちゃんは耳ダレで、耳に薬を注入してもらったので、7種混合は2週間後(アインちゃんの狂犬病注射)と一緒になります。

 

9時オープンなので15分前に着いて、一番に見てもらったのに、終わったら11時近くになっていました。

 

ドアをオープンにもせず、飼い主さんもいっぱいで、3密もいいところでしたが、さすがに、マスク装着の
お願いと、消毒用のアルコールだけは置いてありました。


DSC_0005-1842x1036

アインちゃんはもう8歳、ハルちゃんも5歳になるのでいつもどおり、おやつのサンプルも置いてありましたが、
犬にはコロナがうつらないのかな?

 

ワンちゃんおやつのサンプル

また、犬についたコロナウイルスが人間に付着して人間がコロナに感染することはないのかな?

 

アインちゃんも、ハルちゃんも最近チョコチョコイボのようなものが出来るので、見てもらおうと
思ったのですが、すっかりなくなっていました。

 

多分脂肪腫だと言うことでした。


犬の脂肪腫

先週は確かにあったのに、しかも何ヵ月も治らなかったのにどうして?

 

先週末ベランダでしっかりシャンプーしたと言ったら、犬の(特に年を取ってくると)皮膚の新陳代謝が悪くなるので、きれいになって脂肪がなくなったらしいです。

 

とにかくなんかの病気じゃなくて良かった。

 

ところでワンちゃんの健康診断はなぜこんなに高いんでしょうね。

フィラリアと蚤の薬が一粒¥2,500でx8個x匹がとても痛い‼


フィラリア薬

値段表には薬の事が書いてないので、最初は思っていた2倍請求されてびっくりしました。

 

犬猫診療費用リスト

今日の分だけでも¥81,973でした。

これで、2週間後のハルちゃんの7種混合と2匹分の狂犬病ワクチンで、かるーくコロナの助成金が飛んで行く~。

でも大事な仔達だからしょうがないかな~。