ワンちゃんを選ぶ」カテゴリーアーカイブ

ワンちゃんの初めてのヘアカット

ワンちゃんが家にやってきたとき
毛がきちんとカットされていましたが、

IMG_0232 IMG_0294
ペットショップのHPに掲載されていた時とやってきたときのハルちゃん

次に、トリマーさんへ連れて行ってもよいのは
3回目の予防接種が終わって、

他の犬や、人と接触してもOKになってからと
言われました。

これは、抵抗力の弱い子犬がトリマーさんや他の犬に
接触して病気に感染するのを防ぐためと、

少しの傷でも、雑菌が付着して肺炎などを起こす
可能性があるからだと言われました。

大体3ヵ月で3回目の予防接種が終わるので、
ペットショップで、高いワンちゃんでも
最初は毛をボサボサのままにしてあるのはそのためです。

私たちも、知らない頃は「ちゃんと切ってあげれば
売れるのにね」とか勝手なことを言っていましたが、

本当はペットショップで、店員さんがいくら消毒している
とは言え、抱っこして出してきて、色々な人に
抱かせるのもよくないんですよね。

我が家もハルちゃんは2か月の時に家にやってきたので、
1か月間はアインちゃんも、よその人も接触しないように
2回のケージに入れていました。

勿論家族が触る時も手を消毒してからで、
抱っことかもしませんでした。

昔、近所の子犬をもらってきて、注射もせずに
赤ちゃんのときから人間と一緒の物を食べさせていても
寿命はそんなに変わらなかったことを考えると
そこまでしなければならないのかは疑問ですが、

今は人間の赤ちゃんや子供も昔より弱くなって、
給食もアレルギーで食べられない子がいることを
考えると、やはりワンちゃんも同じように
免疫力が無くなってきているのかな?と思います。

ですから、やはり初めてのカットは3回目の
予防接種が済んでからにしたほうがよいのでしょうね。

ちなみにアインちゃんの時はもう3回目の予防接種が
おわっていたので、そんなことまで考える必要は
ありませんでした。

IMG_1411
購入を決めた時のアインちゃん
両親が2キロ台だったので、小さく育つと言われましたが・・・

IMG_0297
今はこんなに大きくなりましたけどね!
ちなみに口にまいているのは冗談で付けられたシュシュです。

飼いやすい犬種

最近では家犬が増えて、大きな庭がある
おうちなら良いですが、マンションでも
ワンちゃんを飼ってみたいですよね。

そこで、マンションでも飼いやすいワンちゃんを
ピックアップしてみました。

31451050_s 33260399_s 17100819_s 10871675_s

①お散歩があまり必要でないワンちゃん
・シーズー
・ペキニーズ
・トイプードル
・テリア

②毛の抜けにくいワンちゃん
・テリア
・トイプードル
・マルチーズ
・ビジョンフリーゼ

③臭いのきつくないワンちゃん
・トイプードル
・マルチーズ
・ビジョンフリーゼ

④躾のしやすいワンちゃん
・トイプードル
・マルチーズ
・シーズー

⑤あまりほえないワンちゃん
・シーズー

と、このへんのワンちゃんが飼いやすいようです。

但し、毛が抜けにくいということは数か月に1度は
トリミング約5,000円ほどがかかることもおわすれなく。

飼い主が犬の毛アレルギーになりにくい犬種

ワンちゃんにもウサギのように夏と冬でけが生え変わる
わんちゃんと、人のようにずーっと伸び続ける犬種が
あります。

どのように見分けるかと言いますと、
比較的毛足の短い犬、たとえば柴犬、
私の大好きなポメラニアン、やダックスフンド
などはけが抜けやすいと言われています。

一方、ほおっておくとどんどん伸びる
マルチーズやトイプードルなどはけが抜けにくいと
言われています。

我が家にはアレルギー性鼻炎の家族がいるため
マルチーズやプードルのような、ほとんど毛の
抜けないワンちゃんしか飼えません。

これからワンちゃんを飼う場合、かわいいだけではなく、
まず、家族にアレルギーのメンバーがいないかも
考えて犬種を考えましょう。

毛の抜けやすい犬種

パグ、柴犬、コーギー、ゴールデンレトリーバー、
スピッツ、チワワ、コリー、ミニチュアシュナイザー、
シベリアンハスキー、秋田犬など、

毛の抜けにくい犬種

テリア、コッカスパニエル、ビジョンフリーゼ、
シーズー、マルチーズ、シュナウザー、トイプードルなど

毛の抜けにくい犬種も全く抜けないわけではありませんので
ブラッシングなどをするときはマスクなどを付けるとよいでしょう。

子犬の里親になる前に考えること

殺処分ゼロ
里親になることを考えたことがありますか?

初めてワンちゃんを飼うときに考えなければならないのが
どこから買うか(もらうか)です。

我が家も保健所や里親のサイトなども見てみましたが、
ほとんどの犬は飼い主に捨てられた犬なので、
心になんらかの傷を負っているワンちゃんが
多いということでした。

捨てられた(保健所などに持ってこられた)理由は様々で、

・引越し先がペット禁止
・犬が大きくなり過ぎて家の中では飼えなくなった
・たくさん子犬が産まれてもらいてがない
・紙癖や吠え癖があったり、トイレの躾がうまくいかない等
・経済的に余裕がない
・老犬の介護がいやになった
・ブリーダーをやめたので、犬たちが用済みになった
・思っていたより面倒だった等

私たちが見たのは、3歳で歯石のために
歯がないトイプードルと、心臓に疾患のあるワンちゃんでした。

かわいそうだとは思いましたが、初めて
ワンちゃんを飼う私たちには荷が大きいとの
結論をだしました。

このようなワンちゃんたちは引き取り手がないと
殺処分になってしまいます。

西洋では薬で安楽死をさせるそうですが、
日本では安価な窒息死をさせているそうです。

窒息死はそんなに苦しまないと言われていますが、
実はどのワンちゃんも相当苦しんで死んでいくのだそうです。

そんなワンちゃんたちが年間約3万匹もいると
いうことを聞いて心をいためました。

我が家でできることは、最後まで家族の一員として
責任をもって育てることだと、つくづく考えさせ
られました。

わんちゃんを飼う前にぜひよんでほしいお話し
↓↓↓
ある犬のお話し(殺処分ゼロを願って)

 

家族になるワンちゃんを探す

ワンちゃんと飼い主さんにも相性があるので、
どんなワンちゃんが良いのかはじっくり決めましょう。

一度決めたワンちゃんとはこれから15年〜20年ものあいだ
生活を一緒にするわけですから、あかちゃんの時を見て
かわいいからと購入すると後で大きくなり過ぎて、
お散歩中引き回されたり、家族が毛のアレルギーに
苦しんだり色々なことが考えられます。

そこでまずはワンちゃん種類や成犬になったときの大きさ、
毛質(抜けやすさ)や元々の気質などをチェックしておくと
良いでしょう。

ワンちゃにも流行があって、欲しいと思う種類の子が
中々手に入らないこともありますので、そんな時は
ペットショップに相談しておくと良いでしょう。

現在は、アプリコット(茶色)のプードルとチワワ パグなどが人気で、
どこのペットショップでもよく見かけますが、
ミニチュアダックスフンドやポメラニアン、柴犬なども
まだまだ人気があります。
.プードルチワワパグダックスフンドポメラニアン柴犬
最近ではチョクチョクとイタリアングレートハウンドや
ビションフリーゼなども見かけるようになりました。
イタリアングレーハウンドビジョンフリーゼ
ワンちゃんの種類は以下のアドレスでたしかめられます。
http://www.petippai.com/dog/ranking.html