今の子犬がやってきて約半年になります。

そもそもこの子犬を飼った理由はその数か月前に
買った子犬を交通事故で亡くしてしまったこと。

亡くなったシフォンちゃん
image

そして、ワンラブで購入した時に、死亡から3日以内に
連絡をすれば、同種で同額ぐらいのワンちゃんを
半額で販売するという契約になっていたからです。

前の子犬は今でも考えるだけで涙が出るほどかわいくて
そんな大切な子犬を、飼い主のミスで死なせてしまい
「ペットロス症候群」に陥り、泣き暮らしていた中、

あの契約を思い出して、ワンラブに電話をして
同じ種類のワンちゃんを飼ったことから始まりました。

多分このワンちゃんが来なければ、ず~っとペットロス
症候群に陥ったままだったと思います。

人間の勝手な感情ですが、新しい犬がくると、その仔の
面倒を見るのに忙しく、だんだん亡くした犬のことを
考えない時が増えていって、

苦しい気持ちも癒されることは否めません。

特に同じ種類の子犬なので、時々名前を呼び間違える
こともあります。

死んでしまったのではなく、生まれ変わったような
自分勝手な気持ちも生まれたりして。

多分、この契約が無ければ、もう2度とワンちゃんを
飼うこともなかったと思います。

今も写真立てのなかで笑っているように見える
しーちゃん。

本来はあなたをあんなふうに亡くしてしまった私たちは
もっと苦しむべきだったのかもしれませんが、

こんな風にして同じ種類のワンちゃんを飼って
ペットロス症候群を和らげる方法もあるのではないでしょうか。