ペットにも保険があることをご存知ですか?

ペット保険とは、ペットが病気やケガをして
犬猫病院で治療を受けた場合に治療費の一部を
補償してくれる制度です。

人間の健康保険とよく似ていますね。

でもワンちゃんには、人間でいうところの「国民健康保険」
のような公的な保険制度がないため、

通常であれば、治療費は、全額自己負担となります。

私たちが海外に旅行するときに入る保険がありますよね。

それと同じように、最近では色々な保険会社がワンちゃんの
病気に対する経済的不安を軽減するためのペット保険を提供
しています。

そこで質問ですが、ペット保険にはいるべきですか?

答えは「イエス」です。

実は、今日もうちのワンちゃん「生後4ヶ月」が
プラスチックのキャップ(約1センチぐらい)を
飲み込んだ可能性があって、

朝から何度かえずいたり、下痢をしたりしていました。
心配になったので掛かり付けの獣医さんのところに連れて
いって、レントゲンを撮ってもらったのですが、
まだ胃の中にたくさん食べたものが残っていて写りません
でした。

ウンチで出ればよいが、十二指腸で止まっていると
手術の可能性もあるとのことでした。

そこで、消化の早い食べ物の缶詰をいただいて
食べられるだけ食べさせるようにと言われました。

今日のウンチを見て、出ていないようなら、また
明日見せにいくことになっています。
とっても心配です。

その上、今日の診察料だけでも1万5百円、
もし手術となれば10万円ほどになるかもとのことでした。

結局、我が家は保険に入っているので今日の1万500円も
それからもし手術となったときでも払ってもらえます。

ワンちゃんは、(特に小さいうちは)気をつけていても
色々なものを口に入れて飲み込んだりします。

わが家のワンちゃんたちは、時々まったくご飯をたべなく
なったり、訳が分からず吐いたりもするので、

心配になると我慢させずに獣医さんのところに連れて
行くことができます。

わが家のワンちゃんたちの保険は1年間で約3万円x2匹
でしたが、安心代だと考えれば支払えない額ではありません。
(本当はみんなのお小遣いをすこしずつ減らしました)

ただし、私たち人間もそうですが、通常の健康診断や定期的な
予防接種、先天性の病気などは支払ってもらえませんので、
内容をきちんと確認してから加入することをお勧めします。

わが家のワンちゃんたちは「ワンラブ」で購入したため、
「アイペット損害保険」を勧められその場でそのまま加入しましたが、
後でチェックしたら、ネットでは月々780円~と書いて ありました。

この「~」が曲者だったんですね。

ちなみにわが家は保障率の最も高い保険に加入しました。

そこでもっと手ごろな保険を探してみました。
1年分は払ってあるので、来年からはもっと手ごろな
保険に加入したいと思っています。

私が探した保険をひとつご紹介しておきます。

2013年 オリコン顧客満足度ランキングペット保険
小型犬部門 第1位の保険は 【フリーペットほけん】でした。

保険料が安いわりに内容も充実しています。

・犬種・猫種を問わず、年齢に応じて以下の保険料で提供しています。
[0才~4才] … 1,590円/月  [5才~10才] … 2,390円/月
・通院、入院、手術を手厚く補償しています。
・全国すべての動物病院に対応しています。
・保険料金は、年齢に応じた2パターンのみのシンプルな設計です。
・Web上での加入手続きは約5分で完了します。

愛犬・愛猫のためのペット保険【エフ・ピー・シー 】



業界最安水準のペット保険なら【FPCペット保険】

ペット保険の加入はお勧めしますが、どの保険に入るかは
きちんと内容をチェックしてから決めましょう。

**********************

ペット保険を比較したいあなたに、一括請求はこちら
↓↓↓



***********************