ワンちゃんをお家に迎えてから
約1〜2週間で初めての犬猫病院に行くことになります。

勿論、病気にかかったからではなく、
様々な予防接種やおクスリをもらうためです。

ペットショップへ行くと、同じ種類でも
小さい子に目が行きがちです。

大体は生後2ヶ月 前後の子がよく買われる
様です。

この頃がころころしていてよく遊び
一番可愛い頃だからでしょう。

お腹を見ても桃色のプクプクしたお腹が
とても可愛いです。

子犬のお腹
ただ、5~9種混合予防接種を3ヶ月まで毎月
接種しなければいけないので、

<混合予防接種の内容>
1.犬ジステンパー
2.犬パルボウイルス感染症
3.犬アデノウイルスI型感染症(犬伝染性肝炎)
4.犬アデノウイルスII型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)
5.犬パラインフルエンザ
6.犬コロナウイルス感染症
7.犬レプトスピラ病黄疸出血型
8.犬レプトスピラ病カニコーラ型
9.犬レプトスピラ病へブドマディス

早めに犬猫病院を探しておいた方が良いでしょう。

ワクチン接種を受けた場合には、ワクチンの効果は
ほぼ1年間と言われており、1年に1度接種します。

費用は1回5,000円~1万円位です。

これを怠ると、旅行へ行くときなどにペットホテルが
預かってくれないことや、ドッグランに入れてもらえない
ことがあるのでちゃんと受けさせましょう。

特に最初の1年ぐらいはよく獣医さんに
お世話になりますので、掛かり付けの犬猫病院を
決めておくと良いでしょう。

近所だからと決めるよりは、ちゃんと口コミサイト
などをチェックしておきましょう。

すべての犬猫病院が良いとは限りませんから。

また、掛かり付けの獣医さんと仲良くなっておけば、
ちょっとした問題にも電話等でよいアドバイスを
くれることがあります。

3ヶ月の混合予防接種が終わると、
今度はフィラリアの予防をします。

うちの子は毎月決まった日に食べさせるタイプの
ものをもらいました。
フィラリア薬 フィラリア薬2
ついでに外でのお散歩でノミやダニがつかないように
首の後ろにつける薬ももらってきました。
ノミ薬 ノミ薬2←上を折って液をたらす
この病気は蚊が媒体する病気ですが、
心臓にギョウ虫のようなものが住み着くなかなかやっかいな
病気です。一度かかると殆ど完治は無理なようです。
フィラリアに侵された心臓←これ虫です(気持ちわる~)

私は昔この病気で愛犬をなくしました。(20年ほども前の
話になりますが・・・・)

犬猫病院の費用は人間の病院とあまり変わりません。

ただし、保険に入っていない場合、手術等で相当な
出費をする場合があります。

保険は月2・3千円ほどのものが多いですが、
うちのワンちゃんは1年目にはちょっとしたことでも
心配でよく犬猫病院に通いましたので、

今から考えると早めに入っておけばよかったと
思っています。(ちなみに現在は入っています)

ワンちゃんの医療保険については後ほど詳しく
書きたいと思います。